阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第120回 『遊んでほしいとねだる子猫』(第2回お話ライブのお土産話その13)』

ひょんなことから思いついて、いきなりもちかけて、いきなり実行して、思った以上に楽しかった「お話&JAZZライブ」。その2回目のお土産話、13番目。

  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

             

『遊んでほしいとねだる子猫』    

           子猫の魔力に、勝てる人はいない。
それは世界共通の真実だが、わたしの子猫は特別だ。
誰もが自分の猫が一番だと思っているのも真実だが、わたしの子猫は特別だ。

わたしの子猫は、ことばを話す。
わたしの子猫は、異国のことばを話す。
わたしにだけ、通じるそのことばで、わたしの子猫は、異国の物語を話すのだ。

駆けまわる姿は、風となり疾駆する草原の馬。
ひざにかかる手の軽みは、重力を知らずに生きる、宇宙のライオン。
甘く強引な声は、かつて船乗りを酔わせた、海の魔女。

子猫の魔力に、わたしは抗えない。
手に持った荷物を忘れ、電話をかけるのを忘れ、食器を洗うのを忘れ、テレビをつけるのを忘れ、子どもの迎えを忘れ、夫の食事を忘れ、メールチェックを忘れ、何もかも忘れて、子猫の物語にききいるしかない。
わたしは子猫依存症。この子が大人になるまで、どうにか命を長らえることだけを、ほそぼそと祈りながら、今日も子猫をめでている。

 
               お題*Aiko
               曲* スペイン
               読み手*山口三重子

  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

1回目のライブを終えた時は、短距離走を11本、全力で走り抜 いたような疲れが全身を襲ったのでしたが、2回目の感じは少し違ってました。「やりきった」爽快感ははるかに通り越し、ぎゅうぎゅうに絞り切った雑巾のよ うな疲れといいますか、逆さにしてはたいてもなにも出てこなさそうなぬけがら感といいますか。山口さんに進行の全てをお任せしてしまった1回目の反省か ら、今回は曲の合間にもなんとかマイクを握ろうと努力したり、読み手を探そうと試みたり、そのどちらにもなんだか失敗しながら、しかも、お話は初回より2 本多い13本。最後の1曲「スペイン」が終わって、もはやこの作品なんて、実にぬけがら感満載ですね。うっかり反省気分がもたげそうになるところを、反芻 するにとどめて、心はもう、次回へと逸るのであります。次回のお話ライブは来年1月19日。もう、3週間を切りました。


智恵

2013年10月27日阿藤智恵&早川トリオ「お話&JAZZライブ」