阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第119回 『小犬』 (第2回お話ライブのお土産話その12)』

ひょんなことから思いついて、いきなりもちかけて、いきなり実行して、思った以上に楽しかった「お話&JAZZライブ」。その2回目のお土産話、12番目。

  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

             

『小犬』 

小犬は、世界を救う。
彼女は知っている。
淋しい人も、怒っている人も、憎んでいる人も、
困った人も、悲しい人も、ひねくれた人も、
人間の救えない、ありとあらゆる人を救えるもの
それは、
それは、
小犬だ!
小犬は、世界を救う。

世の中には犬嫌いがいて
世界を救うものは猫だとか、鳥だとか、めだかだとか
イグアナだとか、象だとか、ガチョウだとか
言う輩がいることも、彼女は知っているが
言いたいやつには言わせておけ。

誰が何と言おうとも
この荒れ果てた人の世を救うもの
この救いのない世界を救うもの
それは、
それは、
それは、
小犬だ!

彼女は、ほんとうに、知っているのだ。
小犬が、世界を救うということを!

            
               お題*M・O
               曲* On Green Dolphin Street
               読み手*山口三重子

 

  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

と、いうわけで、3曲目が終わるなり、「3つ書いちゃった…… ごめんなさい…魔法に縛られたみたいになってて……曲が終わるって思ったらお話が終わっちゃう、次の曲にまたげなかった……ごめんなさい!」と、そのまま キーボードの上につっぷしてしまうワタクシなのでした。せっかくの山口さんの試みにこたえられなかった、残念無念!

しかし、お客さまにうかがうと、3曲続けて演奏した後では、1 曲目がもはや思い出せなくなっている、やっぱり、1曲ずつやってほしい、という声が多数あり、この試みは今回限りになりそう。もしかしたらこういうのは、 段取りが組めてない、連携が悪い、と、世間ではマイナス評価を受けることかもしれないのだけれど、何せ、ライブ後に会うときだって、「反省会」じゃなく 「反芻会」と称しているくらいのわたしたちのこと、今後とも、オドロキの何かが本番中に繰り出されることは間違いないでしょう。現時点ではライブの経験豊 富な山口さんに水をあけられている<お話芸人>ですけれど、回を重ねていけばわたしだって! と密かに思ったりもするのでした。


智恵

2013年10月27日阿藤智恵&早川トリオ「お話&JAZZライブ」