阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第118回 『投げる』 (第2回お話ライブのお土産話その11)』

ひょんなことから思いついて、いきなりもちかけて、いきなり実行して、思った以上に楽しかった「お話&JAZZライブ」。その2回目のお土産話、11番目。

  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

             

『投げる』  

           
遠くに、投げる。
近くに、投げる。
ことばを、投げる。
愛を、投げる。

力いっぱい、投げる。
力なく、投げる。
願って、投げる。
祈って、投げる。

届かなくても、投げる。
通じなくても、投げる。
もしかしたらと、祈って投げる。
いつかその日が、と、願って投げる。

遠くに、投げる。
とおく、遠くに投げる。
ことばを、投げる。
怒りを、投げる。

手を離れたものが、放物線を描いて、いつか動きを止める時
それは、未来。
どんなに近く見えても、それは、未来。
人が何かを投げるとき、いつでも、その人は未来に向かっている。

            
               お題*楜沢健
               曲* 枯れ葉
               読み手*山口三重子

 

  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

と、いうわけで、1曲目が終わり、次の「枯れ葉」にうつったと き、ああ、そういうことだったのか、いつのまにか次の曲が始まるメドレー方式じゃなく、普通に1曲ずつ、続けて演奏するということだったのね、と少し焦り がとれて、急に集中できて、書いたのがこれ。お題からぱっとイメージがわかなくて、1行1行書いているうちに、ちょっと、意外な方向に進みました。

ときどき、自分でも何を書いているのかわからないことを書き散らしているうちに、書いたものが自分の考えを教えてくれるということがあるけれど、このお題が、そうだった。

「書く」ということは、未来に向かうこと。それは、書いている 時と、人に届くときに時間差があるからで、ああ、でも、それをもしも言うならば、「喋る」ことだって、そうなんですね。何か言おうと思っている時、口にし ている瞬間、それが相手に届く瞬間、相手から何かしらの反応が返ってくる瞬間、全てに時間差がある。誰かとことばをかわすことって、いつでも、未来に向か うことなんだ。それは、ふれあうこととはぜんぜん違う。ことばには、時間があって、だから、そこには、未来がある。

演劇は、作るのにけっこう時間がかかるものなので、よく、わた しはそれを農業のようだなあと思っていました。春に植えて、秋に収穫する。秋まきの種が、春に花開く。日曜園芸は、半年周期が多いから、わたしの芝居づく りも、けっこうそれくらいの周期が多いから、そんな感覚でいたのだけれど、今はもう少し、長い周期でえんげきを作ろうとしていて、そしたら、園芸よりも、 もっとあてどのない、近くて遠い未来の虚空に、あてもなく、しかし、狙いすまして、ボールを投げるような、そんな感もするんです。そんなところへ、意識が ふっと飛んでいった、ライブを始めて初の、異次元執筆感覚でした。


智恵

2013年10月27日阿藤智恵&早川トリオ「お話&JAZZライブ」