阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第117回 『目ざまし時計』 (第2回お話ライブのお土産話その10)』

ひょんなことから思いついて、いきなりもちかけて、いきなり実行して、思った以上に楽しかった「お話&JAZZライブ」。その2回目のお土産話、10番目。

  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

             

『目ざまし時計』 

           
今まで幾つ買ったかわからない
朝の友だち、朝の見張り番
目覚まし時計は彼の必需品。
なみたいていのやつでは間にあわない

おそろしく大きな音で、5分おきに鳴って、そのうちごろごろ転がって、部屋の隅っこまで行って、それでも転げまわって大騒ぎするのも使ったことがあるけど、隣りの部屋の弟が、怒って起きて、蹴飛ばして壊された。

弟は早起きで、寝起きも良くて、目覚まし時計をセットしても、かならず鳴る前に起きるらしい。

だから彼は、弟に朝、起こしてくれと頼んだことがある。

弟はなんともいえない冷たい、軽蔑のまなざしで彼を見て、なんともいえないいやな皺をうかべて鼻で笑ったあと、
「いやだね」
と言った。あの日、彼は弟を信じるのをやめた。

            
               お題*Asuko
               曲* A列車でいこう
               読み手*山口三重子

 

  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

前の曲あたりから、絶好調になってきた(?)山口さん、こんど はいきなり「それでは、3曲続けて演奏しましょう。阿藤さんは、ご自分のペースで書いていただいて……」みたいなことをさらりと。え?え?え?そんなの、 打ち合わせにないよ! ワタクシ、叫んでしまいました。今まで、1曲につき1本、ちょうどよく書きあげるという訓練だけを積み上げてきたワタクシめに、い きなり「自分のペース」と言われても……3曲続けてというのは、メドレーなのですか?いつ終わるか、どうやってわかるのですか?録画を見ると、間抜けな質 問を次々はなっているワタクシ、すっかり、豆鉄砲をくらった鳩になっておりました。しかしこのライブ、舞台に上がったらもはや<番長>と異名をとる山口さ んの指示に従うしかないのでありまして、ともかく「わかりました」とひきうけて、よし、やるぞ、と意気込んではみたのだが、何が起こるか全然わかっていな い。山口さんが言ったのはなんのことはない、3曲を普通に、ただ、続けて演奏するというだけのことだったのだけれど、そういうことだとわかったのも、1曲 目が終わってからのことで、このときはもう、1曲に1本を、音楽の構成に合わせて書くということ以外にどうしたらいいかわからなくて、でも音楽はノリよく どんどん進むし(よりによって、A列車で行こう!ですもの、焦ります)、考える暇もなく無我夢中、動揺したまま曲に合わせて自動的に終わってしまったので あった。今まで完全に頼りきってきた音楽に突き放され(たような気がし)て困り切ったワタクシの心情そのまま、途方にくれたお話になっちゃってるとこを、 味わってやってください。


智恵

2013年10月27日阿藤智恵&早川トリオ「お話&JAZZライブ」