阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第103回 『象のタタさんの夢』(お話ライブのこぼれ話 その5)

タタさんは象だ。
小さいけれども仔象じゃない。
「ファ、ファ、ファ、わたしは仔象じゃないですよ、立派な成獣の象ですよ」
タタさんがそう言うのだから仔象じゃない。
タタさんはとっても小さくて、背中の高さは僕の膝にも届かない。
けれどもタタさんは大人の象だ。タタさんがそう言うのだから大人なんだ。
仔象ではない小さな象のタタさんが
「ファ、ファ、ファ、わたしの名前はタタですよ」
と言う夢を見たんだよ。
タタ、と呼び捨てにしたら、タタさんは
「ぼっちゃん、あなたは子どもです。大人に向かっては、さん、をつけるのですよ」
と小さな鼻で、僕の足の甲をやさしくとんとん叩いた。
「ごめんなさい、タタさん」
僕がそう言うと、タタさんは「ファ、ファ、ファ」と笑って
「それでは、一緒に旅に出ましょう」
と言った。
旅に出るって、どうするの。
「これはあなたの夢ですよ。どうぞ、背中にお乗りなさい」
膝の高さもないタタさんの背中に、僕はそうっと腰を下ろした。
するともちろん、僕はタタさんの背中の、きれいで座り心地の良い椅子に、ぴったりはまる、大きさになるのだった。
夢だから当然なんだけど、それでも僕は、驚いた。
タタさんはまた、「ファ、ファ、ファ」と笑って、それから僕を、いろんな冒険に連れてってくれたんだ。
夜寝てから、朝起きるまでずっとタタさんとあちこち旅に出ていたので、いちいちここで話しちゃいらんない。夢ってのはたった3分だって、ずいぶんな長さのあるもんだ。一晩じゅうの夢なんか、1年あったって語りつくせるわけがない。
だから冒険の中身は教えない。
でも、朝が近づいて、目覚ましが鳴り始めた時のことなら教えてあげる。
もう朝だ、目が覚めちゃう! 僕がそう思った時、タタさんはゆっくり膝を折って、僕が椅子から降りられるようにしてくれた。僕はタタさんの足にしがみついて、
「嫌だ、いやだ、タタさんともっと一緒に旅がしたい」
と言った。涙がもうすぐ出そうだった。
タタさんは長い鼻で僕の背中をやさしくぱたぱた叩き、
「ファ、ファ、ファ、わたしはあなたの象ですよ。会いたいときは、お呼びなさい」
と言って、おまじないの歌をうたってきかせてくれた。
「パタ、パタ、タタタ、タタさんの歌
パタ、パタ、タタタ、タタさんの鼻
パタ、パタ、タタタ、タタさんの夢
パタ、パタ、タタタ、タタさんのタタタ」
僕は歌をしっかりと覚えて、それから目覚ましを止めて起きたので、学校に行っても、まだその歌をうたうことができた。
それから、冒険がしたい夜には、僕はそうっと布団のへりを叩きながら、小さな声でこの歌をうたう。タタさんはいつでも、歌にこたえて出て来てくれる。そうして僕たちは毎晩毎晩、世界中を冒険をして回っているわけなんだ。

お題*ヨシゾウ

音*虫の声もしない秋の夜


智恵

2013年9月27日「お話&JAZZライブ」のこぼれ話