阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第102回『我が子たち』(お話ライブのこぼれ話 その4)

母さんが、大きな声でぼくらきょうだいを呼びあつめるときの、
「我が子たち!」
というひびきがぼくらはみんな大好きだ。
母さんは、そういうとき、すらりとした首をもっとすらりとのばして、大きく口をあけて
「我が子たち!」
と叫ぶ。
草むらでかくれんぼをしていても、水もぐりをして遊んでいても、うつらうつらねむっていても、ぼくらはとびあがるようにして母さんの方を向き、
「はーい」
と叫んで、母さんのもとへ集まっていく。みな一番に母さんのところに着きたくておおさわぎだ。
母さんは、さいしょに来た子にも、さいごに来た子にも、おんなじようにお尻をつっついたり、くちばしをカタカタならしたりして、
「よしよし」
と言ってくれる。
ぼくはまだ数をかぞえることができないから、だれが来て、だれが来ていないかもわからないけど、母さんはちゃーんと数えているらしい。みんなが集まるまで待ってから、
「さあ、行くよ」
と歩きだす。
みんなは一列にならんで、母さんのあとをついていく。
母さんは、お前たちもみな、おとなになれば、男の子は父さんのように、女の子は母さんそっくりに、立派な羽が生えるのよと言ってくれるけど、ほんとかなとぼくは思う。父さんのような輝く羽が生えるならどんなにか嬉しいだろう。ぼくらはみんな、ぽよぽよでふわふわの、ころころのヒナだ。
父さんのように母さんのようにおとなになったら、お前たちはみんな母さんのもとをはなれて、それぞれにつれあいをさがして、子どもをそだてるのよ、と母さんはいう。母さんのもとを離れるのはどんなにか悲しいだろう。
ぼくはおとなになりたいようで、なりたくなくて、とてもふしぎな気もちになって、母さんの胸に頭をすりつけてしまう。
母さんはそんなぼくのお尻をつっついて
「よしよし」
と言ってくれる。
「おとなになることは、決まっていることなのよ。このうえなくすてきなことなのよ」
もしもそういうことならば、いつかぼくもおとなになって、母さんに負けないすてきなつれあいを見つけるんだろう。つれあいが、美しい首をすんなりのばして、大きな口をあけて
「我が子たち!」
と叫ぶのを、きっとほこらしく、見ることになるんだろう。
ぼくはその時、ぼくの大好きな母さんを、思い出したりするんだろうか。

お題*山素由湖
音*遠くのどこかの話し声


智恵

2013年7月25日「お話&JAZZライブ」のこぼれ話