阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第101回『坂道(お話ライブのこぼれ話 その3)』

その場所は、駅から、胸が苦しくなるほどの急坂を上って、急な階段をさらに上った先にある。息を弾ませてたどりつくと、いつも風が吹いていて、広いとは言えない広場を、その風に吹かれて横ぎって、石碑の裏に回る。そこから、今、歩いてきた街がはるか下にみおろせるのだ。

あそこがこのあたりで一番、高い場所だろうなあ。空気が乾いていれば、遠くの山がきれいに見えますよ。

その場所を教えてくれた人は、そんなふうに言った。坂の多いこの街に住むようになって五年、ほんの数分を歩くだけで、がらりと景観の変わる、ここが日に日に好きになる。

あのあたりはよく散歩しています。あの急階段を上ります。

そう教えてもらってから、毎日、歩いているけど、まだ会えない。
  四方から広場に上がってくる数本の坂道は、どれも少し曲がっていて見通しが悪い。急階段も、下から見上げるだけでは上に誰か人がいるかどうかもわからない。うえに上がって、山の方を見にいって(この季節に西の方はいつも曇っていて山は見えない)、そして向こう側のスロープを抜けて広場を出たすぐ後に、カーブを曲がって、あの人が姿を現すかもしれないのに。だから、もし少しでも会える可能性を高めたいなら、広場のベンチで腰をおろしてずっとずっと待っている方がいいんだろう。だけど、そんなことをして会ったって面白くないような気がするし、それに、どうせ待ちぼうけになる可能性が高いから、ぐるりと広場を回った後は、そのまま坂を下りるようにしている。

毎日、坂道を上って、急階段を上って、今日で一ヶ月になる。その間に一度くらい、あの人もここを歩いたかしら。もしかして会えるかな、と、ほんの少し、歩みを緩めてみたかしら。道端の百合の花や、名前も知らない草に目を留めたふりで、誰にも気づかれないくらいの短い間、待ってみたりもしたかしら。

               お題*こげ茶
               音*しずかな雨音


智恵

2013年7月24日「お話&JAZZライブ」のこぼれ話