阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第99回『兄弟げんか(お話ライブのこぼれ話 その1)』

ライブの当日、もしかして、どなたもお題を出して下さらなかったり、一つ、二つで終わってしまったらどうしよう、というのが心配の種でした。いらしたお客さまに「お題用紙」を配って、テーブルの上にも置いて、パンフレットには、「お題はいくつでもください」と書きました。ライブが始まるときに、お題用紙を集めて、まだ書いていない人には、書いてください、とお願いしました。

本番中に、書けたお話は11本。お題は、22本、集まりました。ごきげんな音楽はないけれど、蝉の声や、雨音や、鳥のさえずりや、竹林のざわめきをおともに、書いていきます。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

『兄弟げんか』

兄弟がいないと、できないもの。
兄弟がいても、できるとは限らないもの。
兄弟げんか。

ぼくは弟がいるけど、兄弟げんかはできない。
弟は、言葉をほとんど喋れないし、体も弱い。
いつもにこにこ笑っている。
にこにこ笑って、とんちんかんなことをする。
ぼくは本当は、腹が立つことがあるけど、言ったってしょうがないし、叩いたってしょうがないし、よく、友だちが親にやられてむかつくと言っている、「お兄ちゃんなんだから我慢しなさい」攻撃をくらったことがなくても、ぼくが我慢しなくちゃいけないとわかっているから、我慢する。
ふつうのときは、弟はかわいい。
かわいくないときもある。
腹が立つことがある。

むかつくなあ、あっち行け、うっせー、さわんな、邪魔なんだよ、黙って寝てろ。

言ったら、どうなるだろう。
こっちが泣きたくなるに決まっている。
その前に、お母さんが泣きそうになるか、怒りだすに決まっている。
お母さんを泣かせそうになったり、怒らせたりしたのが悲しくて泣きたくなるのか、言っても仕方ない弟に意地悪をしたのが悲しくて泣きたくなるのか、どっちだろう。
試してみるつもりはない。

ぼくの弟は、一生、この弟だ。

弟に腹が立つことがある、と、言葉にするだけで、本当は泣きたくなる。

お題*U
音*夕立のあとの夜風

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆


智恵

2013年7月22日「お話&JAZZライブ」のこぼれ話