阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第83回 『悪はこうして生まれる』

春になると、園芸師匠である母の庭の、ある場所に、次々出てくるふきのとう。これがこの春、いつもの柿の木の下ではどうやらうまく育たなかったようで今年は不作……と思いきや、ある日、ぴょんぴょんと、あらぬところに咲き出した。今まで全くふきのとう摘みをしたことのない、庭の奥に。びっくりと同時にがっかり。食べ損ねた……!
でも、まあ毎年のこと、しょうがない。しょうがないので花として扱うことにして、水仙と一緒に花瓶に活けてまあこれはこれで、春の味わい……と思っていたら翌朝、太極拳の教室に行くためのバスで師匠が知り合った女性が、なんと!
ふきのとうは、つぼみより花の方がかえって香りも高くておいしいのよ
と教えてくださった!
なんと!家に帰って花瓶から花を抜き出して刻んで、みそ汁に散らす。
なんと!すばらしい香り……
どうして今まであんなに苦労して小さなふきのとうを摘んでいたのか、花を摘むほうがよほどいい。見つけるのは簡単だし、一本あたりの量も多い。
師匠の庭でさらに何本も切って、山分けする。
ものすごく得をした感。
しかしこれが、なんと!苦しみの始まりであったのであった。
私はすっかり、欲張りばばあと化してしまったのであった。
今までまったく目に入っていなかったふきの花が、
道端のあちこちで目に飛び込んでくるようになってしまったのであった。
まったく、である。
あっちでもこっちでも、宝の山が手つかずに放置されているのである。
もう、恐ろしいほどである。
あー全部摘んで歩きたい、摘んで毎日食べたい。
食べたい。
食べたい。
知らない時は「あー花になってしまったのね」とほんの少し残念には思いつつも、
花は花として心穏やかに愛でることができたのに
食べられると知った途端に「今すぐ摘みとって食べたい」と思うのはなんなのか?
欲張りばあさんスイッチが入った私の心は
徐々に、さらにさらに欲深くなっていくのであって
ああ、実はここにも、ここにも、ここにもふきのとうは毎年出てたのだなと
思い至ると、急に過去何年分ものふきのとうまで惜しくなってくるのである。
道から少し手を伸ばせばとどきそうなアパートの脇の群生地など
ちょいと手を伸ばしてみようかと、そばを通るたびに
心をそそのかす悪の声をしずめるのに、骨が折れてしかたがない。

◆       ◆

という、作文を昨年の春先に書きだして、しかしふきのとうの季節も、蕗の花の季節も恐ろしく短くて、書いている間に過ぎてしまって、まあいい、来年の春に、と思っていたのだった。しかし、今年の春は昨春よりもさらに猛スピードで過ぎ、四月の半ばというのに季節はもう初夏なのだった。諸々の理由あって作文の練習はぱったり止まったきりどうにもこうにも再開できずにとうとうこんなにも時間が経ってしまっている。今日は朝からほんの少し心に余裕があって、ほんの少し、長い間の懸案事項に手をつけ始めた。ずっと放置したままのウェブサイトの手入れもその一つなのだった。もう小難しいことは考えまい、とにかくお稽古を再開するのだ。

かくしてひっぱりだした昨年の作文を、こうしてお目にかけることにいたしました。ふきのとうを逃しても蕗の花が、蕗の花が終わっても蕗が食べられるように、昨春の作文が時期外れになり、今年の春が瞬く間に過ぎ去っても、私の欲張りばばあ化はさらに進行しつつあり、我が心に今日もまた、悪は生まれ続けているのだから、この作文だって、まだまだ、読めないこともないんじゃないかしらん。


智恵

2013年4月16日