阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第82回 『ちえよむ会へのお誘い(前篇)』

川崎市内の公共施設や、小さなスタジオを借りて、月に一度か二度、阿藤作品を読む会を開いています。残暑が厳しかった今年の九月から始めて、昨日、四回目の会を持ちました。まだまだ生まれたばかりの会ですから、一回ごとに新しい発見があり、顔ぶれが違えば雰囲気も違い、進行の仕方もなかなか気もちよく行かないこともあり、試行錯誤の最中ではあるのですが、「どういうことをやっているの?」とお訊ねくださる方も、嬉しいことに増えてきているので、ちょっと、書いてみようと思います。

「ちえよむ会」は、「阿藤智恵と一緒に阿藤智恵作品を読む会」です。正確には、阿藤智恵は同席しているだけで、「一緒に読み」はしません。読むのはご参加の皆さんです。

会の雰囲気は、こんな感じです。

会場に、三々五々、ご参加の方が集まってこられます。阿藤智恵はたいてい、準備が間にあっていなくて、おたおたしています。どなたか、手伝ってくださいます。阿藤智恵が作ってきた「ちえよむ会」のしおりを配ります。これまでの分もそろえてあるので、まだ読んでいないのはどうぞお持ちください。だいたい顔ぶれがそろったら、ささやかな茶菓を召し上がっていただきながら、毎回、はじめましての方がありますから、自己紹介から始めます。じゃ、読みましょうか。どこをどういうふうに読むか、皆さんのご意見もうかがいながらやり方を決めたら、順繰りに読んでいきます。だいたい、一時間か、一時間半くらいで読める分量を、最初に決めてありますから、読み終えたら丁度いい時間です。お茶のお代わりを注いで、ご感想をうかがったり、阿藤智恵がつまらない与太話をしたりして、会は終わりです。お片付けを手伝っていただき、「信ちゃん貯金箱」が登場します。「信ちゃん」というのは、阿藤智恵が四十四歳の誕生日を記念して、新しく城南信用金庫に口座を開設した時にもらってきた愛きょうのある貯金箱です。「貯金箱をさしあげます」と言われた時、「使わないので結構です」と言おうとして口を開く前に、その姿を見たら欲しくなったのです。本棚に置いたり、机の上に置いたりしても落ち着かず、我が家にプラスティックゴミを増やしてしまったかと後悔しそうになった時、「ちえよむ会」のメンバーにすることを思いついたのです。「ちえよむ会」では参加費をいただいていませんが、お茶やお菓子も出たし、会場費もあるのだろうし、無料では嫌だなあと思う方があるといけないので、信ちゃんに来てもらっているのです。皆が片づけでごたごたし始めて、阿藤智恵が荷物を鞄に収めようとおたおたしている間に、信ちゃんがお金を集めてくれます。たいてい、帰り支度ができるのは、阿藤智恵が一番最後です。皆、会場の外で待っていてくれたりします。バタバタと大きい荷物を持って、阿藤智恵が飛び出していきます。駅までたいていは皆で帰って、そこで解散します。阿藤智恵は、自分が作品について余計なことを口走るに決まっているので、「ちえよむ会」のあとは、お茶しませんか? とか、ご飯を食べに行きませんか? とか言わないようにしているのです。ちょっと後ろ髪をひかれる感じもあるけど、さよならです。全部で二時間ほどの会です。

会のために阿藤智恵が熱心にやっているのは、日程調整をすることと、「しおり」を作ることと、お茶とお菓子の準備をすることです。ご参加の確認を前もってするのは、お茶とお菓子をちゃんと準備したいからです。阿藤智恵は、自分がいつも世界とつながっていたいので、皆さんも世界とつながれるように、一ヶ月間よぉく考えて選んだお茶とお菓子を準備しています。とっちらかって、説明を忘れたりもするのですけれど。しおりや台本の印刷に使っているのは八〇%再生紙「おうむ」という紙で、つまり昔なつかしい更紙です。阿藤智恵が、公演などのお知らせの時にお友だちに手紙を出すのに使っている紙です。世界とつながれる紙にはいろんな美しいもの素敵なものがあるけれど、お金も厚さもかさみます。安価で軽いものを探したら「おうむ」が今のところのピカイチです。新聞紙のような色と風合いがとても好きです。お茶のカップをのせるのは、岩手県大槌町の方々が作っている刺子のコースターです。大槌町は、津波で町長さんはじめ役場の多くの皆さんが亡くなられた町です。そのことも昨日は説明するのを忘れてしまいました。

くだくだと書いているうちに字数を大幅に超えてしまいました。肝心の会が、これでは何もわかりません。また、つづきを書きます。


智恵

2012年11月12日