阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第49回「目下の悩み」

まったくどうでもいいことなのに、ここ数年、ことあるごとに考えてしまう悩みをひとつここで、告白したい。少し長くなるが、どうぞお付き合いください。

思いつきだけはいつも豊富にある方なので、やりたいことが無数にある。そのうちやろうと思ってそこらにおいてあるものが、季節が一周半くらい回ってまだそこらにおいてあるのに気付くと少しばかりいやになる。そうしたとき、あーあ自分が三人いたらなあと考える。

与えられた時間を、三分の一は眠っていて、三分の一は生きていくうえで必要不可欠な保持作業、すなわち食事、排泄、身だしなみ、家事、医者通いなどに使っていて、残る三分の一を、やりたいことに使っていると考える。私が三人いて、脳の中身も身体の状態も、遅滞なく共有できるとする。一人が疲れると、その疲れはただちに他の二人に転送され、誰かが睡眠をとり、食事をとるとそれが他の二人に転送される。一人がけがをすると三人とも血が出るが、一人を手当てすれば三人とも治る。

そうすると私の寿命は三分の一に縮まってしまうかもしれないという問題はあるものの、どのみちこれは夢想でしかないので、寿命については考えないことに、ずいぶん前に決めたから、悩みというのはそのことではない。三人の役割分担の方法と、その効果についてである。

第一案は、三人が順繰りに眠り、起きて、家事をする仕組みである。今、こうして私Aが原稿を書いている時、私Bは眠り、私Cは台所で片付けをしている。夜になると私Aは夕食をとり、歯を磨いて入浴し、体操しマッサージをし、気晴らしの読書などして徹夜をし、私Bは原稿に向かい、私Cは眠る。

第二案はそれぞれの仕事を三人に完全に割り振ってしまう方法である。私aはいつまでも原稿を書いたり、資料を読んだり、稽古場に行ったり働き続け、私bは眠り続け、私cは食べたり出したり、家事をしたり風呂に入ったりをやりつづける。

前者の場合、三人の私は今までと同じ生活を三交代制でまわしているだけなので、感触はそれほど今と変わらないだろう。

後者の場合、私bは、いつまでも深く深く眠り続けて眼を覚ますことはなく、私aと私cは疲れを感じない。疲れは生じた瞬間に私bに転送されて解消してしまい、私aと私cは常に、まったく常に、爽やかで明晰な頭脳を持っている。

うわぁ、そうなったらどうだろうなあ。まるで想像もつかない。すっごい書けたりするのかな。いつまでも疲れなければ本だってものすごく読める。少し読んでアー疲れた、少し書いてアーお腹すいたっていうことが一切なかったら何でもどんなにはかどるだろう。三倍どころの騒ぎじゃない、十倍くらいは働けるはず……しかしそこで考えてしまうのである。アー疲れたってばたんと寝転ぶあの瞬間、あれは結構気もちがいいんだよな。四六時中ぼんやりしている頭が、ほんのひと時霧が晴れるあの感じ。あれもすごく気もちがいいんだけれど、常にすっきりしていたら、それほどのこともなくなるかもしれない。

理想のあり方を決めかねて、心は千々に乱れ出す。「私三人制」というものは、試しながら仕組みを変えたりできるのか。途中でやめて一人制に戻すことは可能なのか。どうやら疲れが懐かしくなりそうな予感がするのに、やってみたくてしょうがない。しかしいったん始めたら戻れないとしたら……。


智恵

2011年9月13日