阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第45回「わたしの通信簿」

昨年8月の誕生日に始めました「エッセイのお稽古」、今回が1年目の最後です。
初心に戻り、この1年間の振り返りをいたしましょう。

お稽古の目標と評価

【しめきりをまもる】
当初の計画では1年間で50本書くはずだったお稽古は、今回が第45回です。「あ」から始まって「わ」のお題まで45本、5本のサボリということになります。ちょっと、サボりすぎでした。

stump01-007

わたしのふりかえり……猛暑の夏の終わり、「新しい一年」で希望いっぱいに始まったお稽古は、秋深まるころ、心の師匠・佐野洋子さんのご逝去で存続の危機に陥りました。どうしても書けず一回休み(「謝罪文」を載せました)、無理やり立ち直って再開したものの、3月、大震災の影響は大変なもので、そこからはとびとびの掲載になってしまいました。でもなあ、それをいいわけにはできないな。まったくペースを戻せなかった。途中からは、このままとびとびにいくと、ちょうど「わ」で1年が終わるなあ、とかつまらないことを考えた。反省します。

 

【よみやすい文章を書く】
どうだろう。こういうのを自分で評価するのは難しい。えいやと成績をつけておこう。
stump01-006 

わたしのふりかえり……「そのように努力はしました」という意味で「よくできました」をつけました。「だめだなーだめだなー」と思っていると嫌になっちゃいます。「悪くない悪くない」と自分で面白がりつつ、なんせ続けていくのが大事でしょ。

 

【エッセイの連載を持つ】
遠い目標としてかかげていたこれが、演劇誌『テアトロ』で実現したのがわれながら驚きの成果。
stump01-001

わたしのふりかえり……いやあこれは嬉しかった。まさか1年も稽古しないうちに実践の場が与えられるとは。「お稽古」のエッセイを読んでくださった上での執筆依頼だったかと言えば、たぶん、今まで掲載していただいた戯曲からだったと思います。でも、実際に書く上ではお稽古が役立った! 1年前の私にこのお仕事が来ていたらと考えたらちょっと背筋が寒くなる。

 

【まとめ】
そんなわけなので、エッセイのお稽古、やってよかった。しばらく書かなくても誰も催促してくれないし、1年やって、ご感想をいただけたのは10回にも満たなかったけど、それでもどなたかが読んでくださっていると思えばこそ、なんとか続けてこられました。読んでくださったあなたに、心から感謝申し上げるとともに、2年目のこれからも、ときどきはこのページを開いてみてくださいますよう、お願い申しあげます。

2巡目も五十音順タイトルでいくのか、何かもうひとつ枷をはめるのか、もろもろ、決まっておりませんが、とにかく8月23日、来週火曜日からのスタートです。リクエスト、ご意見、ご感想などお寄せ下さいましたら大喜びいたします。

 


智恵

2011年8月16日