阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第37回「やる気の問題」

世の中、手のつけように困る、ままならぬ難問は多いが、一方で、本気でやる気にさえなればもうちょっとどうにかなりそうな問題はそれ以上に多いように思われる。にもかかわらず、そうした問題がいっこうに片付かないのは、それこそやる気の問題であり、問題の多さは、やる気を起こすこと、起こさせることがいかに難しいかを示している。
 やる気の問題が問題になる時というのは、もちろん、やる気が不足している時である。厳密にいえばやる気になって実際やっている時にもその問題はやる気の問題ではあるはずなのだが、やる気が起きて行動しているからにはその問題は現在解決に向かっている途上なわけで、その問題におけるやる気の問題はかえりみる必要がない。
 やる気の問題、といういい方には、実際には問題など存在しない、という含みがあるようで、やるべきことをやらずに困るのも自業自得、周りが気をもむことはない、といったような文脈で使われるのではないだろうかと思われる。その通り、当人にやる気がないのが全ての原因であり結果なのではある。あるのだが、「悪いのは当人であり、当人だけであり、同情の余地はない」という見解は、いざ自分がその「当人」になった場合、厳しいものがある。
 いったい、やる気なるものは、どこからどのように湧いて出るのであろうか。にわかにその源をつきとめたくなったのは、この春、まさにやる気の問題がわが身にふりかかってきたからであって、平たく言えばどうも無気力で不活性な状態に、ほとほと困ったからなのであった。原因はあやうく、今般の原発震災に帰せられるところであったが、あまりの無気力に身を任せ、何をする気にもならず過去を振り返っていたとき、発見したのである。過去数年分の日記に、繰り返し繰り返し「不活性な一日」という表現が登場することを。
 つまり私は、しょっちゅうぼんやりと気力を無くし、不活性な一日を過ごしてはそれを気に病んで日記に書きつけながら生きてきたのである。いわば、やる気の問題を常に抱えて生きてきたのである。平素、どちらかといえばやる気に満ちた人間と思われることが多く、自分でもそのように思っていたが、事実誤認であった。これまで、やる気が出ない状態を異常と考え、原因を究明しようと努めてきたが、そんなことは必要ないのであって、やる気があるのもないのも平常と考えるべきなのだった。
 そこで思いついたのだが、ようするにやる気の仕組みは食欲と同じではないのか。空腹―摂食―満腹―無意識-空腹、というサイクルを食欲に関して人は繰り返していて、やる気の問題も、そのようにまわっているのかもしれない。やる気満々―やる―満足―不活性―やる気むくむく、といったように。であるならば、やる気の問題は、時間と健康が解決することになる。であるならば、やる気の問題はそれ自体を考える必要はなく、心身を整えて待てばいいのであろう。
 食事が終わったばかりで、まだ空腹でない時に食べ物をすすめられたら、「今、お腹すいてないから」と断ることができるのと同様、やる気が出ない時に何かをすすめられた場合に、「今、やる気ないから」と言えればいいのである。が、これはどうも社交上よろしくない。「何事につけてもやる気が出ないのだ」と言えば心配されるであろうし、「おすすめいただいたそのことに対してやる気が出ない」と明言すればあまりに失礼である。
 食欲の場合、「お腹いっぱーい」から「お腹すいた―」までの無意識の時間に、体内では消化活動が活発に行われているわけなのだが、やる気の場合、「やりきったー」から「やるぞー」までの不活性の時間、人は何をしているのであろうか。そこが解明できれば、「不活性」な一日は、不名誉な名前を返上し、また、社交上も問題なく切り抜けられることになり、やる気の問題は事実上、消滅するかもしれない。
 幸か不幸か今日は梅雨の晴れ間のやる気に満ちた一日で、もうひとつ考えが深まらない。次回、不活性な日が訪れたときに、自分が今何を行っているのかを新しい観点から考察することにしよう。楽しみが一つ増えた。


智恵

2011年6月6日