阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第32回「ま」

一、演劇用語のひとつで、作家が大変重宝するもの。「間」。作家本人が、その雄弁を信じて用いても、台本を渡された現場でしばしば厄介者扱いされ、しょっちゅう黙殺されている。これを多用した作家としてチェーホフが有名である。ロシア語で「間」はпауза(パウザ)、すなわち英語のpauseである。音響・映像の再生機器の「ポーズ」=「一時停止」と同様に理解して、ぽかんと止まって満足する俳優が多いのはまったくもって困りものである。「間」は俳優が一息入れる休憩時間ではない。ちなみに英語では「beat」という語を使う、または「pause」と使い分ける作家もある。「ビート」は、日本語でも「一拍おく」という表現があるとおり、太鼓や心臓の一打ちである。

二、何かの拍子にさすもの。「魔」。正体は解明されていないが、人間が大変お世話になっているもの。なんにせよ、自分のしでかした失敗やおかした過ちの理由が説明できないとき、これのせいにすれば、だいたいわかってもらえる。このことから推理すると、「魔がさした」というのは、本当は、「『魔』という正体不明のナニモノカが自分にさした」という意味ではなく、「そんなことを説明せよといわれても、私は自分でもわからないのだということをわかってくれ」という意味であり、しかも心の中にある願いを、そのとおり率直に口に出すよりもよほど簡単に目的を達することができる達意の表現といえる。ものごとは何でも率直に言いさえすればよいというものではない。言語による意思疎通に、幅広い教養の積み重ねが重要なゆえんである。

¥三、物事を一時棚上げにするために発する、それ自体にはあまり意味がないようでありながら、実は強力な語。「ま」。これにより棚上げになった事項は、そのままたなざらしにされ、いずれきれいさっぱりなかったこととなる。些細なことでいさかいを起こしたり、面倒を不必要にこじらせることなく、円滑に社会生活を送るために欠かせない日本の知恵の結晶。何か事が起きそうなときはとりあえず発してみると良い。「ま」、ひきのばして「まあ」、重ねて「まあ、まあ」、ときには「まあ、まあ、まあ」くらいが必要であったとしても、その程度までで終わらせてしまえる事項はそもそもが大した要件ではないのである。しかし、これがあまりに習慣化して身にしみついた場合、時にはこのうえなく重要な案件までがこの語の魔力で人々の思考停止にあい、そのまま消えてしまい、後々の大惨禍をひきおこすことがあるため、過度の依存に陥らないよう注意が必要である。

     間。

今週は「ま」について存分に語ろうと考えたが、「間」については語りすぎるといろいろと他方面に影響が出るし、「魔」についてはこれ以上語りようがないし、「ま」については口癖になりすぎているのを今後は慎もうと考えている矢先なので、このくらいでやめておくことにする。

少し短いけど、二週続けて締め切りに遅れていることだし、ま、いいや。


智恵

2011年4月8日