阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第31回「本当のこと」

太極拳を習い始めて9年になる。それだけやっても初心者である。「太極拳」よりも、「気功法」を中心に習う初級クラスにずっといる。同じことを繰り返しながら学ぶことが尽きない。先日は次のようなことを習った。
 「無極静功――というのが我々の通っている太極拳の流派である――を続けていますと、考え方がだんだんに変わってきますよ。『そうですか?』『はい、そうですけれども、そうではないですけれども、そうです』というふうに」
 驚いた。そうか。私がここのところずっと取り組んでいたのが、まさに「そうですけれどもそうではないですけれどもそうです」についての考察であった。日ごろの我流哲学的考察により、自力でたどりついた境地であると思っていたが、太極拳の成果でもあったのか。

私は、その考えに「はい、そしていいえ」と名づけていた。作品にもセリフとして書いた。あれからもう一年以上が過ぎる。そこから、考えはまだ次の段階に進んでおらず、「はい、そしていいえ」の先に何があるのか、見えていない。

すべて世のことは、it depends。ことにより、時により、人により、そのほかのすべてによる。すべて世は常に常に流れてかわり、とどまるところをしらない。

ゆく河の流れはたえずして、と、国語の授業で暗唱をした十代の私は無常感なるものを理解しなかった。やや大人になって、少しばかり自らの体験とした時には、かつ消え、かつ結ぶ泡沫をしか手にできない人生に絶望的な心もちになりかけた。「はい、そしていいえ」は、その時には、心もとない、寂しいようながっかりするような発見であった。しかし今、もう少し違った感じ方で「はい、そしていいえ」を思っている。

先生は語る。手は、こうです。足はこうです。しかし、この形は、常にこうである、このように止まっている、ではありません。常に動き続けています。なぜなら、私たちは生きていますね。心臓は鼓動し、血液は流れ、呼吸をしていますね。であるならば、この形も常に、それを受けて、動いているのです。地球は回っていますね。自転し、公転しますね。風も吹いているし、潮は満ち引きします。ですから、この形も常に、動いているのです。

生きている限り、絶対なものはない、動かぬ確かなものは皆無である、ということが、唯一私たちに言える、絶対なことであると考えてみる。しかしそこには、ある種の法則が働いていて、ある程度の筋道を追うことができる。確かにここでとは言えないが、ここらあたりで、とは言える。確かにいつとは言えないが、いつかそのうち、とは言える。

たぶん。おそらく。きっと。もしかしたら。ことによると。できれば。なるべく。

確かにそれをとは言えないが、そちらの方へ向かっていくことはできる。どこに到着したかではなく、どちらの方向へ向かったかが人の手にできる最大の成果であるかもしれない。何を成し遂げたかではなく、何を求めたか。どれだけ歩いたかではなく、どちらを向いているか。何をしたかではなく、何をしようとしているか。

本当のことは、いつも揺れている。ただ一つの真実はない。ただ一つの正解はない。求める動きがあるだけだ。その動きはある。求めるという動きはあって、動き続けることを、選ぶことができる。とても豊かな時間であって、命の力に満ちたうねりのようなものであって、決して手の中に囲いこむことはできないが、その中に自らを泳がせることができるようなもの。本当のこととは、そういうものではないか。決してたどり着くことがないことが確かでありながら、悲しくはない。本当のこととは、いつも少し先にあるものであって、生きている命が明日にたどり着くことが決してないのと同じように(明日なんてものは今日のうちはどこにもないのだから)、それが当たり前のことで何ら悲しむに当たらないのと同じように、本当のことを見切ることができないのは、なんでもないことなのではないか。


智恵

2011年3月30日