阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第30回「ヘンテコリン」

頭がヘンテコリンになってきたようだ。夢に二人の従姉が出てきた。同じマンションの別の部屋に住んでいるらしい。今日は、やはりそのマンションに新しく引っ越したばかりの私の家に、二人の従姉が遊びに来ることになっている。慣れない新居で支度をしていると、姉の一人がやって来る。嬉しそうだ。手伝ってくれているのかややこしくしているのかわからない。まったく支度がはかどらない。そのうち、従姉の一人が来てしまう。にこやかだがなんとなく、ムッとしているようでもある。もう一人の従姉もやってきた。どうして早く招んでくれないのよ、もお、と彼女は言う。二人の従姉はテーブルにつき、食事ができようができまいがおかまいなしのおしゃべり三昧。私は姉に手伝ってもらいながら、または邪魔されながら支度をしようとしている。たぶん料理がしたいのだが、実際にしていることは椅子をあっちに運んだり、こっちに運んだりだ。従姉たちの会話に混じりたくて焦る。姉はご機嫌でニコニコしている。料理にはいっこうに取り掛かれない。
 という、一種の悪夢である。起きてみて驚いた。ああ、楽しかった、と思っていた。夢とは比べようもない、極度の焦燥感に満ちた現実に、目覚めると同時に戻ってしまっていた。とても本当とは思えない、誰も見たことのないヘンテコリンな世界に、思い切り投げ込まれているのだった。いや、そうじゃない、これが普通で、あんなにものんきでいるということの方が、よほどヘンテコリンであったのかもしれない。

お芝居は、わりに今までヘンテコリンなものを書いてきたが、こうなってくると、今後、私はもっともっと、ヘンテコリンになれるかもしれない。ヘンテコリンリンだ。ヘンテコテコリンという手もある。ヘンリンテコリンなんてのもある。よりどりみどりのなんでもござれだ。

仮に、これからの阿藤智恵の目指すべき作品を、テコリンペンな芝居、と仮定しよう。
 テコリンペンな芝居とは、いかなる芝居であるか。
 まず、そこには本当のことをいう人はいないだろう。そこには決まった真実というものがないだろう。真実はみな、一瞬の寿命しかもたず、次の瞬間には消えているだろう。過去の全てはやぶの中で、未来は当然、濃霧の中だろう。そうした中でも、人は生き、なにがしかの言葉を吐き、その言葉は意味が通じたり、通じなかったりし、そして意味もなく、幕が下りる。これがテコリンペンな芝居。

では、リンデコペンな芝居というものを、検討してみよう。
 リンデコペンな芝居とは、いかなる芝居であるか。
 するとそこには、人間がいないように思える。俳優は人ならぬナニカを演じるのである。ナニカの雌と、ナニカの雄が登場する。登場の後、しかるべき経緯があって、ナニカ的会話を交わし、ナニカ的情感を漂わせ、ナニカ的交流をした後に、雌ナニカと雄ナニカは結ばれるか、または別れていくだろう。そして意味もなく、幕は下りる。これがリンデコペンな芝居。

なんだか楽しくなってきた。

楽しいついでに、コンテンヘリな芝居というものも、まあ、これはほとんどないとは思うが、可能性だけは、一応追求してみようではないか。コンテンヘリな芝居とは、いかなる芝居であるか。
 とたんに舞台は光にあふれ始める。登場するのは光である。光は広がり、収縮し、交差し、回転する。そして声。ささやく声、語る声、歌う声、笑う声。人は、出てこない。光と影と、声のショーである。声は、詩を語るかもしれない。コンテンヘリな詩をである。それは観客には一言も理解されないだろう。または、理解されるだろう。そして意味もなく、幕は終わる。これがコンテンヘリな芝居。

こうして三つの例をあげてみた。阿藤がいかにヘンテコリンになりつつあるか、ようくお分かりいただけたことでしょう。
 今夜はまたも、冷えこむとのこと、皆さま、どうか、ご自愛を。


智恵

2011年3月21日