阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第19回「ついたちにおもう」

2011年は、まさに正しく明けた。私にとって正しい元日とは、朝おきて、おめでとうと言い、お雑煮と、おせちを食べ、食べ過ぎ、初詣でに行き、おみくじを引き、おもむろに年賀状を書き出す。夜になって、また、お雑煮と、おせちを食べ、遅くなりすぎないように、寝る。

完璧であった。
ただ、おみくじが末吉であった。
完璧な正月ならふさわしいのは大吉だ。十代の頃からこれまで相当に高い確率でひいてきた。昨年もそうであったというのに、いったいどうしたことだ。
読む。

願望(ねがいごと)、他人に妨げられる。待ち人、来るがおそい。失せ物、出るがおそい。商売、俄かに下がる。相場、急に下がる。学問、安心して勉学せよ。転居、見合わせよ。争事(あらそい)、理ありても負けます。恋愛、良い人ですが危い。病気(やまい)、心を安らかにすればなおる。縁談、思わぬ人に妨げられる。

どうです、邪魔が入ってばかりで何もかもうまくいかないではないですか。ことに「理ありても負けます」が気に食わない。今のとこ誰とも何も争っちゃいないけど、理があっても負けるなんてきっぱり断言されるとむかっぱらが立ってくる。理不尽ですよ。悔しい。良い人ですが危ない? 良い人なのか危険なのかどっちなんだ。わけがわからん。
ま、おみくじなんて当たらないもんね、気にしない。
うっちゃろうとしてふと手がとまる。どうも気になることがある。唯一、学問だけに押された「安心して勉学せよ」の太鼓判……ううむ。奇妙に真実めいている。胸に手を当ててよっく昨年を顧みるに、まったく順調だったと言い切れるのは、確かに勉強だけではなかったろうか。芝居の現場、対人関係、健康面、もろもろ反省ばかりの日々ではなかったか。

ここはもしかして、この末吉みくじ、真摯にうけとめるべきか。

あらためて読み直す。病気の項も、それほど悪くない。「心を安らかにすれば」という条件が曲者ながら、これはまあ、治るのである。うまくいかないのは、他の人や世間の動きが関わる場面である。私一人努力すればすむことは、うまくいくのである。
人が関わるとなかなかうまくいかない。落ち着いてみたら真実である。そりゃそうだ。実際そうだった。このおみくじ、それほど理不尽でもないかもしれない。
「理ありても負けます」か。うっかり腹を立てたけど、考えてみたら、そうだよなあ。過去のいろんな情景が脳裏に現れては消える。良く読むと、なんだか神さまからの慰めみたいだ。たしかにお前の言ってることは正しかったんだよ、そう、あの時も、このときもお前は正しかった、でも、人と人の間で大事なのは、どっちが正しいかじゃないのだよ。正しさにこだわって、豊かな実りが得られるわけではないのだよ。
ううむ。耳が痛い。ごめんなさーいと過去のあの人この人にひれふして謝りたいほど猛烈に痛烈なる反省が訪れた。神さまありがとう。今年は「理ありても負けます」を座右の銘として、理よりも大切な何かを産むべく精進します。新たな座右の銘を胸に、過去何十年の自らの欠点と訣別し、新たに生き直そうと夕焼け空に誓う。やはり、完璧な正月一日だ。
さすが神さま、何もかもお見通しなのだなあと俄か信者は感心しきり。ありがたやと手を合わせては読み返す。自分さえ謙虚に、せっせと努力していたら、なんとか渡っていけそうな、良い年じゃないか。末吉、ばんざい。そこで気づく。「恋愛、良い人ですが危い」。これって「あぶない」じゃない、「あやうい」だ。つまりその人は良い人なのだ!しかしもろくも崩れ去りそうなのだ!なんてこった、せっかく良い人に出会いながら、あやうい関係に終わるのか。たったいま乾いた悔し涙がまた落ちそうになって我に返れば、その人に私は出会いもしていない。「心安らか」の境地とは私にとって、かくも得がたき難物なのであった。


智恵

2011年1月3日