阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第18回「地球を踏んでいる」

シェイクスピアの劇場がグローブ座といい、東京グローブ座はそれを模しているということは知っていたが、グローブ座を日本語に訳せば「地球座」になるということに気づかなかったのは我ながらおかしい。それを知らされたのは昨年上演した『ささくれリア王』のために、シェイクスピア関係の本を片端から読みあさっていたときで、ものすごくハッとしたのだ。
尊敬する人、偉大な人の考えに触れ、「なんと、私ときたら巨匠と同じことを考えていた」「同じ道を行っている」などと思いたいのは誰しも同じだから、誰にもある体験だろうが、そのときは小さく悦に入った。
14年ほど前のことになるが、養成所を出たとき、上級生に誘われ、一緒に芝居を打った。公演主催者としての名が必要だということになり、命名権をあずけられた私がうんうんうなったあげく、天啓を得てひねりだしたのが「ちきらむ」という語であった。天啓によればそれは「空の上には星がある 足の下にも星がある」という意味であり「足の下の星」とはもちろん地球のことであり、自らの演劇の場の名称として「地球」を発想したことが、「シェイクスピアと同じだ」とときめいたわけなのだった。
劇場に打ち合わせに行って、これが第一回公演ですと胸を張った私たちに劇場主は「そして最後の公演にならなきゃいいけどね」とうすく笑い、果たして予言どおり、私たちのコンビは千秋楽を迎える前に解散したので、何がシェイクスピアと同じなものか、ちゃんちゃらおかしいが、演劇を思うとき地球を考えていることは今でも、そうである。
地球、グローバルという語を思うと、一般には宇宙から見た球形の惑星が頭に浮かぶのではないか。しかし地球は私たちが触れることのできる星だ。今、体を預けている椅子の脚の下にある床を支える構造物のその下に地球はある。建物の外に出れば、じかに踏むことができる。
と、考えてみても、どうもその実感がないのは、都会に暮らしているからで、都会では地球の表面は人工物で覆われているので、なかなか地球を踏んでいる実感は湧きにくいのだろうか。人工物をとことんはがしていけば、地球に到達するのか。地球はどこから地球なのか。
公園であれ里山であれ土の上を歩いてみても別に地球を踏んでいる感じはしない。アスファルトを歩くのと大差ない気もするから、むしろ舗装道路の上でも地球を踏んでいると見なしたほうがよく、そうなると建物の中にいても地上何階であれやはり地球を踏んでいる。
みかんの上に蟻が乗っていたらそれはあきらかにみかんとは別の異物であって蟻を含めてみかんとは呼べないが、それが蟻でなくて埃だったら、微生物だったら、ウィルスだったら、どんどん小さくしていくと、科学的な手段をもってしなければ、みかんと異物を分けることができない。地球と人の大きさにはみかんと蟻とは比べ物にならない差があり、人だろうが象だろうがスカイツリーだろうがそれを払い落とさなくても地球は地球ではないのか。
鳥の名前のついた賢い探査機がはるか遠くから飛んできて、地球の表面から拾えるものを拾っていったら何が持ち帰られるであろうか。それはなんであれ地球の一部とみなされ、それにより地球が解明されるかもしれない。地上を舞う埃も、アスファルトもタバコの吸殻も、かわいた落ち葉のかけらも靴底も冬になるとよく落ちている手袋なども、みな地球の一部であり私たちもそうである。
地球といったり世界といったりするものを演劇をやりながら思っているのだがそのどちらもが漢語であるのが面白くない気がして、和語でそれにあたる語はないのかと頭の中の貧弱な辞書をめくり、世の中、ということばしかなくてそれでは世間が狭いのだった。やはり演劇は地球であり世界であり、globeなのだった。丸いglobeの上に張り付いて、私は演劇をやっていて近くて遠いglobeを思っているのだった。


智恵

2010年12月27日