阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第180回『学校のさんすうのじゅぎょう(第7回JAZZ&お話ライブのこぼれ話)』

学校のさんすうのじゅぎょうのときに、ひとりの男の子がきゅうに立ち上がっていいました。

「先生、ぼく、もう行かなくちゃ」

「トシキくん」、というのは、トシキくんというのがその子の名まえだったからですが、先生は言いました。「どこに行くの?」

「せつ明しているひまがないから、行くね」

トシキくんはとてもしんけんなかおで、そういって、けつぜんと歩き出したので、きょうしつはざわざわとしました。

「トシキくん、待って。みんな、しずかにしなさい」先生はがんばっていいました。がんばって、というのは、先生はどうしてだか知らないけれど、トシキくんが行かなくちゃというんだったら、止めようとしてもむだだとわかっていたからです。それでも、止めようとしなかった、ということが知れわたったら、学校をくびになるかもしれないし、くびにならなくてもおこられるのはまちがいないし、わるくすると、うったえられることさえあるかもしれないからです。「わたしはけんめいに止めようとしました」とあとからむねをはっていえるようでないと、こまるとおもったからです。

先生ががんばって止めたのに、トシキくんはへんじもしないで、ああ、ほら、もうきょうしつのとびらをがらりとあけてしまいました。ろうかじゅうに、音がきこえます。先生は、どきりとしました。トシキくんはいそいでいるけれど、走りはしないのです。けつぜんと歩いていくのです。先生は、心ぱいになりました。こんどは、じぶんがあとでこまったことになるのじゃないかということじゃなくて、トシキくんが心ぱいになったのです。

「まって、まって!」先生は、トシキくんのあとをおいかけようとしました。

トシキくんは小学生です。先生がいそぎ足でおいかけて、おいつかないわけがありません。それなのに、先生は、トシキくんにおいつくことができませんでした。ろうかに出て、右と左をみわたしても、トシキくんが見えませんでした。

先生は、とびらのすぐわきのせきにすわっていた女の子に、よびかけました。

「サクラさん」、というのは、サクラさんというのがその女の子の名まえだったからですが、先生はききました。「トシキくんは、どっちに行った?」

サクラさんは、名まえのとおりきれいなさくらいろのほっぺのきれいなかおをすこしかしげて、すこしかんがえてからいいました。「わかりません」

先生は、がっかりしましたが、とにかく、トシキくんをおいかけないわけにいかないとおもいました。それで、「みなさん」といいました。きょうしつじゅうの、せいとのみなさんに、はなしかけたのです。「先生は、トシキくんをさがしにいってきますから、さんすうのドリルの、8ページと、9ページをやっていてください。しずかにじしゅうしていてください。すぐにもどってきますからね」

けれども、先生は、それきりもどってきませんでした。トシキくんも、もどってきませんでした。

クラスのたんにんの先生がいなくなったので、2年2組は、1がっきはきょうとう先生がたんにんをすることになり、2学きからは、あたらしい先生がくることになりました。

サクラさんも、クラスのみなさんも、ときどき、トシキくんと、たんにんの先生のことを思い出します。たんにんの先生は、マグチ先生という、女の先生でした。菜の花色の カーディガンを着て、白いスカートをはいていました。すてきなカーディガンでした。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

今年4月の第7回「お話&JAZZライブ」、
お客さまからいただいてライブ中に書ききれなかったお題から、
本日はエマさんのお題『学校のさんすうのじゅぎょう』でした。

 


智恵

2015年6月25日