阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第179回『かっぱ巻き(第7回JAZZ&お話ライブのこぼれ話)』

巻かれているのはキュウリだけど
この食べ物はかっぱ巻き、と呼ばれていて
かっぱは、それが気に入らなかった。
かっぱという生き物はキュウリが好物ということになっていて
確かにかっぱもキュウリは好んで食するが
キュウリなんてはっきりいってほとんど水分である。
カリウムとやらが多いらしくて食えば小便がしたくなる。
腹にたまるもんじゃない。
かっぱは人間と同じで雑食性である。
どっちかといえば植物よりも動物を好む。
魚や虫、小さなカエルやカタツムリも食う。
ヘビのちびっちゃいのも試したことはある。
それほどうまいもんじゃなかった。
ケモノや鳥は好かない。臭いからな。
人間はかっぱを臭い、臭いというが冗談じゃない。
かっぱと人間と並べて、ほかのやつらに聞いてみな。
まあたいがいが、かっぱのにおいのほうがよっぽど爽やかだというだろう。
だって人間の暮らしを見てみればいい。
生き物らしい生き生きした新鮮な匂いがするのはどっちだと思う。
人間に比べりゃ、かっぱのにおいはキュウリのほうが似ているくらいだ。
だからっていってキュウリ巻きをかっぱ巻きと呼ぶことに納得いくわけじゃない。
敏感な鼻でかぎゃあ、
キュウリを食ったかっぱはキュウリのにおいがするし
スカンポをしゃぶったかっぱはスカンポのにおいがする。
ドジョウを食ったかっぱはドジョウのにおいがするし
ぴちぴちのアユを食ったかっぱはぴちぴちのアユのにおいがする。
おれはアユのにおいがしているはずだ。
この時分にキュウリのにおいなんかさせてるかっぱは、このあたりにゃいないね。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

今年4月の第7回「お話&JAZZライブ」、

お客さまからいただいてライブ中に書ききれなかったお題から、

本日はエテメルさんのお題『かっぱ巻き』でした。

 


智恵

2015年6月17日