阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第178回『せんたく(第7回JAZZ&お話ライブのこぼれ話)』

せんたくの ときが きて
ひとびとは たちあがる
おかを こえ ゆくのか
かわに そい ゆくのか
にを せおい くるしみながら おもい からだを はこぶのか
すべてを みずに ながし みも かるく ゆくのか
せんたくの ときが きて
ひとびとは せんたく しない
せんたく しない という ことは
ながされる ということだった
そのようにして せんたくは おこなわれたのだった
ひとびとは さまざまの きおくを すて
みそぎを うけて しろく なった

だが

ほんとうの ことは だれもが しっている
せんたくを することは もとに もどることではない
いかに しろく かがやくばかりに なっても
せんいは いたんでいる
まっしろな しーつは まっさらには なりえない
その しーつの うえで すごした よるの かずかずは
せんいの いっぽん いっぽんに きざまれた こくいん
せおうことを きょひしても ひとびとは せおっている
すてることは できない
あらいながすことは できない
かわにそい ながれにながされ なにももちこさず いるつもりで
ひとびとは それでも せおっているのだ
なされたことは なしたことだ
きえないのだ
せおわなければ くりかえされる
には おもく おもく なるばかりだ
てにおえぬ にを おしつけあって
ひとびとは にげまどう
ながされながら
くびをふりながら りょうてを あげながら
わがみを まもるつもりで わがみを じゅうだんに さらして

そらは はれ みず きよく
きょうも せんたく びより
ひとびとの いちいんである ぼくは
せんたくを りょうてに かかえ
そらを みあげている
ふきつな かぜのふく うつくしい そらを

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

今年4月の第7回「お話&JAZZライブ」、

お客さまからいただいてライブ中に書ききれなかったお題から、

本日は下坂昌彦さんのお題『せんたく』でした。

 


智恵

2015年5月6日