阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第177回『山桜(第7回JAZZ&お話ライブのこぼれ話)』

谷をひとつへだてて、山を見ると美しくけむっていて

ああ、咲いているとわかるのです。

山の中の、こみちを歩いているときには、

どれほど咲きほこっていても

人の目には入らないのに。

山桜。

もう咲くころだ、と知っていて

見上げてみても

明るい空にのびる梢は高く遠くまぶしい光にとけていて

小さな、白い花たちが咲いているのかどうか

見えることができないのです。

遠くから、谷をひとつへだててしか

けむったようにしか

見えないのです。

山桜。

その樹のあしもとでは

山道を歩く人には

散りだして初めて、咲いていたとわかるのです。

もう、終わりですよと花びらが人の肩をそっとたたくのです。

知った時には、終わっているのです。

山桜。

人のために咲くのではないのです。

人が知るのはいつも遠くから、ぼんやりと

あるいは、遅れて、遅すぎるときになってのことなのです。

 

春は終わります。うららかな春は。

すぐあしもとにいても見えず

遠くからぼんやりとしかとらえられず

失うときに初めて、ああ、たった今まで包まれていたのに

もう、終わりなのだ、今、失うのだと気づく、

そういうものが、

ほら、ご覧なさい、

今、目の前を

ひら、ひらと落ちていく。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

今年4月の第7回「お話&JAZZライブ」、

お客さまからいただいてライブ中に書ききれなかったお題から、

本日はH・Aさんのお題『山桜』でした。


智恵

2015年5月5日