阿藤智恵のサイト


〈えんげき〉のじゆうじかん
阿藤智恵のウェブサイトへようこそ。

げき作家、翻訳家、このごろ詩人、阿藤智恵です。

その日、そのとき集まった人と、ともに過ごす

〈えんげき〉のじゆうじかんというのをやってます。

音楽と即興執筆(お話とか、詩とか)のライブや、

げきで遊んだり、戯曲を読む会や

哲学っぽい集まり「わからん堂」。

遊びに来てください。

4月の〈えんげき〉のじゆうじかんは13日・15日です。

写真は、昨年5月の森でのげき『森でおはなし(げき)』。

今年もこの森で上演します。
今度の『森でおはなし』は、絵本シアターです。

2017年04月04日

阿藤智恵

160529_1438

次回公演

170416_110601

絵本シアター『森でおはなし』

★日時:5月4日・5日 13時ちょっと過ぎから

★場所:稲城市城山公園

★入場無料

★稲城手づくり市民まつりの「絵本の森」での上演です。

とてもとても盛りだくさんの、おまつりです。

詳しくは稲城手づくり市民まつりのFacebookページへ。

5月の公園はすばらしい新緑の季節、どうぞ遊びにいらしてください!

●  ●  ●

【愛についての21の断章 その1】

『関係-未来/愛について』

小説家・大鋸一正さんに依頼して、初の戯曲作品に取り組んでいただいてます。
作家みずから、俳優との直接のやりとりの中で、げきを形にしていきます。
それだけで、もうげきはできたも同然なのに
なぜかそこにいる阿藤智恵はいかなる役回りになるのか?
じぶんでは、よくわかりませんが
大鋸さんいわく「船長」なのだそうな。

上演は今秋!

詳細はしばしお待ちください。

ようこそ阿藤智恵の店へ

掲載誌のお知らせ

選んだ理由。石井ゆかりさんの新刊『選んだ理由。』に掲載された阿藤の発言が、朝日新聞『折々のことば』で紹介されました(2017.4.9)

netshoppc画家・渡辺菊乃さんとの「詩人と画家の部屋」絵ハガキ販売開始しました。

 

atou1607illust_3-1阿藤智恵の手づくり詩集「なにか大切なこと」を「阿藤智恵の店」で販売しています。

テアトロ9月号演劇誌『テアトロ』2016年9月号にエッセイ『心の中のあなたへ』が掲載されました。

選んだ理由。石井ゆかりさんの新刊『選んだ理由。』に阿藤智恵が登場しています。

yukkuriゆっくり小学校、春の遠足の感想文が、ゆっくりwebに掲載されました

teatro1604演劇雑誌『テアトロ』2016年4月号に、戯曲 『森でおはなし』が掲載されました。

teatro1601

演劇雑誌『テアトロ』2016年1月号「《表現者》としての苦悩と喜び」特集に、エッセイ 『私の〈えんげき〉見つけました』が掲載されました。

teatro1508

演劇雑誌『テアトロ』2015年8月号「旅する演劇」特集に、エッセイ 『どこかで、だれかと、えんげきを』が掲載されました。

teatro201503

演劇雑誌『テアトロ』
2015年3月号に戯曲『詩人の家』が掲載されました。

teatro900

演劇雑誌『テアトロ』
2015年2月号900号記念エッセイ特集に『詩人として生きること』が掲載されました。

h2_ttl

ミシマガジン「石井ゆかりの闇鍋インタビュー」
2014年12月 石井ゆかりさんにインタビューしていただきました。

2015年2月 リアル篇プチレポート が掲載されました。

teatro1409

演劇雑誌『テアトロ』
2014年9月号にエッセイ「懐かしい人への手紙」が掲載されました。阿藤智恵の「大阪のおばちゃん」ぶりをお楽しみください。

テアトロ2014年5月号

演劇雑誌『テアトロ』
2014年5月号にエッセイ『<えんげき>のじゆうじかんの試み』が掲載されました。3月の「小さなお芝居の会」の話です。この会で、5月は盛岡と築地に行きました。

テアトロ2013年9月号

演劇雑誌『テアトロ』
2013年9月号にエッセイ『楽天的な二人組』が掲載されました。2015年3月上演予定の新作『詩人の家』のプロデューサー霜康司さんのことを書いています。

『テアトロ』2013年1月号

演劇雑誌『テアトロ』
2013年1月号に戯曲『死んだ女』が掲載されました。

『テアトロ』2012年4月号

演劇雑誌『テアトロ』
2012年4月号に戯曲『どこまでも続く空のむこうに』が掲載されました。

『テアトロ』

演劇雑誌『テアトロ』
2011年9月号より2012年1月号までエッセイが掲載されました。