阿藤智恵のサイト


えんげきのじゆうじかん
阿藤智恵のウェブサイトへようこそ。

げき作家・詩人、阿藤智恵です。

そのとき集まった人と、ともに過ごす

えんげきのじゆうじかん

というのをやってます。

音楽や哲学、絵や詩やてしごと、

そして、もちろん、げき、などなど。

2017年11月08日

阿藤智恵

171103_0744

次回公演

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【愛についての21の断章 その1】

『関係-未来/愛について』

★公演終了。2018年3月に再演を予定しています!★

小説家・大鋸一正さんに依頼して、初の戯曲作品に取り組んでいただきました。

0701.1sm


大鋸一正

出演
松本予右介
三浦千枝
司田由幸
明樹由佳

https://ainitsuite.wixsite.com/kankei-mirai-ai

ainituite

こんなこともしています

渡辺菊乃式えんぴつ画をみんなでかいてみました。

えんぴつのじゆうじかん

12.3-年内いっぱい @ムビリンゴ

24581289_2010808645861787_2147310666_n大好きなてしごとくらぶのお友だちの作品展をプロデュースしています。

3月 りえ「紙あそび」展・9月 田中裕美 海と時間の旅人「ビーチグラス」展

11月 yuka 「小さくてかわいいもの」展

それぞれに楽しく、愛と遊び心いっぱいの、作品展になりました。

今年最後の展覧会は、阿藤本人も参加している

渡辺菊乃えんぴつ画の展覧会「えんぴつのじゆうじかん」。

絵と、絵の額縁(?)どちらも力作。

ぜひお越しください。

作品の上演情報

ようこそ阿藤智恵の店へ

掲載誌のお知らせ

teatorojuly演劇誌『テアトロ』2017年10月号に戯曲『七月の夜の虹』が掲載されました。

1529997演劇誌『テアトロ』2017年9月号にエッセイ『ありがとう上野山先生』が掲載されました。

選んだ理由。石井ゆかりさんの新刊『選んだ理由。』に掲載された阿藤の発言が、朝日新聞『折々のことば』で紹介されました(2017.4.9)

netshoppc画家・渡辺菊乃さんとの「詩人と画家の部屋」絵ハガキ販売開始しました。

atou1607illust_3-1阿藤智恵の手づくり詩集「なにか大切なこと」を「阿藤智恵の店」で販売しています。

テアトロ9月号演劇誌『テアトロ』2016年9月号にエッセイ『心の中のあなたへ』が掲載されました。

選んだ理由。石井ゆかりさんの新刊『選んだ理由。』に阿藤智恵が登場しています。

yukkuriゆっくり小学校、春の遠足の感想文が、ゆっくりwebに掲載されました

teatro1604演劇雑誌『テアトロ』2016年4月号に、戯曲 『森でおはなし』が掲載されました。

teatro1601

演劇雑誌『テアトロ』2016年1月号「《表現者》としての苦悩と喜び」特集に、エッセイ 『私の〈えんげき〉見つけました』が掲載されました。

teatro1508

演劇雑誌『テアトロ』2015年8月号「旅する演劇」特集に、エッセイ 『どこかで、だれかと、えんげきを』が掲載されました。

teatro201503

演劇雑誌『テアトロ』
2015年3月号に戯曲『詩人の家』が掲載されました。

teatro900

演劇雑誌『テアトロ』
2015年2月号900号記念エッセイ特集に『詩人として生きること』が掲載されました。

h2_ttl

ミシマガジン「石井ゆかりの闇鍋インタビュー」
2014年12月 石井ゆかりさんにインタビューしていただきました。

2015年2月 リアル篇プチレポート が掲載されました。

teatro1409

演劇雑誌『テアトロ』
2014年9月号にエッセイ「懐かしい人への手紙」が掲載されました。阿藤智恵の「大阪のおばちゃん」ぶりをお楽しみください。

テアトロ2014年5月号

演劇雑誌『テアトロ』
2014年5月号にエッセイ『<えんげき>のじゆうじかんの試み』が掲載されました。3月の「小さなお芝居の会」の話です。この会で、5月は盛岡と築地に行きました。

テアトロ2013年9月号

演劇雑誌『テアトロ』
2013年9月号にエッセイ『楽天的な二人組』が掲載されました。2015年3月上演予定の新作『詩人の家』のプロデューサー霜康司さんのことを書いています。

『テアトロ』2013年1月号

演劇雑誌『テアトロ』
2013年1月号に戯曲『死んだ女』が掲載されました。

『テアトロ』2012年4月号

演劇雑誌『テアトロ』
2012年4月号に戯曲『どこまでも続く空のむこうに』が掲載されました。

『テアトロ』

演劇雑誌『テアトロ』
2011年9月号より2012年1月号までエッセイが掲載されました。